e-no 沖縄自然館

蜂谷 菜保子の記事一覧
ヤマイモスーブ @読谷村

ヤマイモスーブ @読谷村

「アイスクリーム食べたいねぇ」 市場でおばぁたちがそう話すほど、久しぶりにお天気がよかった24日 冬至でジューシーを食べたあととは思えない! お昼前後には夏へ戻ったかと思うようなあつ〜い1日でした。 ...
4年に一度

4年に一度

旧盆が終わると、次は豊年祭シーズン。 沖縄各地でさまざまな形で豊年行事が行われていました。 同じ市町村内でも、地区ごとでやることが違ったり それぞれの地でそれぞれの豊年のかたちがあるので すべての豊年...
クンチをつける

クンチをつける

「シンジムン」=煎じ物;薬効の高い複数の食材を煮込んだスープ。 イラブー(海蛇)、ヒージャー(山羊)、チムシンジ(豚レバーの煎じ汁)、イカスミ汁など。 沖縄では生物まるごと食べることが身体のバランスに...
サンゴから何が見えるかな?

サンゴから何が見えるかな?

沖縄県名護市出身、現在はニューヨーク在住の写真家 比嘉良治さん(80歳) ニューヨーク在住ですが、年に2回ほど来沖し子どもたち、特に、「社会の日陰的な存在になりがちな小さな島、小さな学校」の子どもたち...
ムシャーマの夜 @波照間島

ムシャーマの夜 @波照間島

波照間島に着いた日の夜。「練習がある」というので、早めに夕飯を終えみんなで公民館(?)へ。お盆のナカビに行われるムシャーマという行列の踊りの練習です。 「練習」と聞くと、舞台裏を覗くような、本番とは一...
この週末は「那覇大綱挽きまつり」です

この週末は「那覇大綱挽きまつり」です

沖縄では綱引きが盛んです。 先輩が住む県南部、とある地域での綱引きは 綱を連結させる前に、東(アガリ)と西(イリ)それぞれの地域が 互いに少しでも有利になるようにポジションを取りたがるので、 喧嘩さな...
最南端に到着 @波照間島

最南端に到着 @波照間島

転機は、「宮古島方言大会」の時だったと思う。 あの時私は、宿なし車なしの丸腰、どうにかなるでしょう、 という能天気な状態で島へ乗り込んだ。 自分の身さえあればどうにかなるだろう、と。 しかし、自体はそ...
85歳のおじぃに心配される30歳女子ひとり旅 @石垣島

85歳のおじぃに心配される30歳女子ひとり旅 @石垣島

「あ〜 安心した。僕はもう99%ダメかと思ったよ」 85歳のおじぃに心配される30歳女子ひとり旅。 旧盆は、ふだんは足を運びにくい、どこか遠いところへ行ってみよう。 そう思い決めた波照間島への旅。 波...
4世代が集える暮らし @那覇市『願寿会』

4世代が集える暮らし @那覇市『願寿会』

那覇市曙の『願寿会』。 「がんじゅ〜」とは、沖縄の言葉で「元気」という意味で その願いが込められた願寿会では 毎朝6時半から曙小学校に集まりラジオ体操をして十年以上。 願寿会の会長をされている上原さん...
Return Top