e-no 沖縄自然館

浜下りの日に



妊婦でお腹が大きいときは、見ず知らずのおばぁたちが笑顔でよく話かけてくれた。

臨月に入ったねぇ?
夏の妊婦は暑いでしょう?頑張ってね!

などなど、こちらも笑顔で話しかけてくれて、自然と笑顔になった。

中には、こんなおばぁも。

「おむつかぶれしたときは、海水につけるのが一番!いっぺんに良くなるから。」
と、子どもが産まれてからのアドバイスを丁寧にいただいたことも!



実際に、子どもが生まれて、お尻がかぶれちゃって
なかなか治らない時、おばぁのアドバイスを思い出し、
旦那さんと近くの海まで子どもを連れてって、おしりを洗っていました。

その時は初めて入る海に、子どもがびっくりしちゃって、泣かせちゃったなぁ。(笑)
今となってはいい思い出です。

妊婦の時は、見ず知らずの人たちまでもが、なんて周りがやさしいんだぁ。
って、幸せ気分がますます倍増していたなぁ。

私も、そんな風に声かけてくださったおばぁたちと同じように
周りで見かけた妊婦さんに、自然と声かけれているかな。
幸せな気持ちを膨らますような声をかけれたり、不安を和らげたりしてあげれてるかな。

恩返しは出来なくても、恩送り。

昨日は旧暦の3月3日、女の子の節句、浜下り日。
沖縄ではこの日は女性は海で遊んで、身を清めるとか。
そんな日、ばぁばは私の娘を海に遊びに連れて行ってくれたらしい。
ばぁばから、「海では喜んではしゃぎまわっていたよ。浜下りの日で人がいっぱいだったさぁ」
という話を聞きながら、娘の日焼けしたほっぺを見つつ、ふと蘇った海の思い出でした。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] (↑ 旧暦の3月3日「浜下りの日」に生まれた珍名画 … by 配送スタッフ知念浩之 ) […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top