e-no 沖縄自然館

宮城 順子の記事一覧
ムーチーのあんやたん

ムーチーのあんやたん

可笑しだよ、うちの母はね、自分でムーチーつくるんだけど、私なんかは本島にいるでしょ、「いつでもあげられるさ」という気持ちでかわからんけど、こっちにこないのよ、みんな本土、内地にいる子どもたちに送るのよ...
祖母の手に

祖母の手に

「ハジチ」とは、かつて琉球諸島の女性の手に施した入れ墨のこと。 島によって形は多少ちがったりして着物の柄を施した所もあったそうです。 成女儀礼、結婚のしるし、魔除けの呪符、願いごと、などの説があり 「...
き〜ぬし〜

き〜ぬし〜

古い木になると、「木の精がいるよ」とおばぁたちは言います。 ガジュマルのうんと古いやつとか、大木とか、ここには木の精がいる、と。 だから村でも簡単には切らないはずです。拝みしてから切るのではないかと思...
きっと潮を見ていたと思う

きっと潮を見ていたと思う

私は「潮干狩り」が好きだった 「潮干狩り」っていう行事が学校でもあった お弁当持って行って 羽地でも、私たちは海に沿っていない地域だから もちろんバスじゃないよ、歩いて行くのよ 丘を越えて歩いて行った...
夏の思い出

夏の思い出

小学校3~4年までは、裸でも恥ずかしくなく平気で たらいのお風呂で入って、ゴーヤーの葉っぱを入れてましたね。 おばぁちゃんたちがとって、ちょっと揉んで、あせも予防で入ってましたよ。 遊ぶのがないので、...
「郷土劇場の時間です」

「郷土劇場の時間です」

「恩納ナビィ」という人は世相を風刺する人で、すごく頭のいい人で。 私も恩納ナビィさんが好きで。 首里の王様が地方めぐりで恩納まで来るというときに ”波の声もしずまれ、風の声もしずまって、静かにしなさい...
旧5月4日はユッカヌヒー 思い出す、むかし遊び

旧5月4日はユッカヌヒー 思い出す、むかし遊び

小学生のころ、女の子は布の切れ端を組みあわせて塗い 顔と胴体と手足をつけて、着せ替えの服を着せたりして人形遊び。 ままごとでも、野原に生えている葉っぱを切って料理をつくったりして遊びました。 男の子は...
ヤマイモスーブ

ヤマイモスーブ

「ヤマイモスーブ」だったかな、 「スーブ」って、勝負すること、競うこともあるみたい。 ちゃんとした立会人がいて、山芋を植えるときは、苗を縦横3m間隔をあけることが規則らしい。 それくらい大きくなるとい...
その場その場で、継いでいく

その場その場で、継いでいく

ニンニクのことを、やんばるで「ピル」と言います。 ニンニク酒は「ヒルジャケ」または「ヒルジャキ」。 あちこちで、どこのおうちでも普通につくっていたのではないかと思います。 ニンニクのエキスで滋養強壮。...
やんばるに24時間電気が通った頃

やんばるに24時間電気が通った頃

昭和38年くらいまでは、木炭アイロンを使っていました。 ほとんどの家庭はご飯も薪で炊いていた時代。 電灯は暗いときにだけ点灯、夕方から点いて、23時頃には消えてしまいます。 消えそうになると、ピカピカ...
Return Top